女性の薄毛(FAGA)にフィンジア!?安全に使えるの?効果あるの?の真実

AGAは男性だけでなく、女性が発症することもあります。女性のAGAについては治療法の違いなどから、FAGAと呼ばれることもあります。

FAGAの治療にはプロペシアをはじめ使えない薬がありますが、フィンジアはFAGAの女性が使っても問題ない商品でしょうか。

あるいは、買っても効果なく、無駄金になってしまうのでしょうか。

\正規品は公式サイトでしか売っていません!/

フィンジアの公式販売サイトはコチラ ⇒

※楽天などで買うと30日間の返金保証対象外です

AGAとFAGAは治療法が異なっている

AGAとFAGAでは、治療法が異なっています。

主なものとしてはプロペシアやザガーロの処方が認められていないこと、ミノキシジル外用薬の濃度が低めになることなどが挙げられます。

FAGAにプロペシアとザガーロ処方は厳禁

FAGA治療において、プロペシアとザガーロの処方は認められていません。それどころか、女性はプロペシアやザガーロの錠剤に手を触れることすらできないのです。

ハゲの原因

男性も女性も、AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)です。

意外に思うかもしれませんが、女性の体内でも男性ホルモンが分泌されており、DHTも生成されているのです。

プロペシアもザガーロも、このDHTの生成を抑える薬です。

問題は、この働きが男性にとってセーフであっても、女性にとってはアウトになる可能性があるということです。

将来の赤ちゃんに影響する可能性がある!?

AGAにとっては天敵とも言えるDHTですが、実際には男性器を成長させたり、体を筋肉質にしたりするなど、男性らしい体を作るためにはなくてはならないものなのです。

注意

男児を妊娠している女性がプロペシアやザガーロを服用すると、胎盤を通じて赤ちゃんに成分が伝わります。その結果、赤ちゃんの体内でDHTの生成が阻害されてしまうのです。

 

男性器の形成や成長に欠かせないDHTが阻害されているのですから、最悪の場合は赤ちゃんの男性器が形成されないという事態を招きかねません。

 

こうした先天性異常が起きる可能性を重視し、プロペシアやザガーロは女性の服用が認められていません。

 

また、素手で触ると成分が体内に吸収されかねないので、禁止されているのです。

こうした事情から、日本皮膚科学会の最新のAGA治療ガイドラインではプロペシア、ザガーロともDランク「行うべきではない」の評価を受けています。

男性用のミノキシジル外用薬は強すぎる

これに対して、ミノキシジルの処方そのものは女性に対しても行うことができます。問題は、男性用のミノキシジルを女性に処方できないということです。

そもそもミノキシジル外用薬には、頭皮のかぶれや湿疹という副作用があります。

しかも、男性用のリアップx5は、1割近くに副作用が出ていると報告されているのです。

参考URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000047494.html

しかも、女性の肌は男性に比べてデリケートにできているので、男性用のリアップx5を使用すると頭皮に異常が出る可能性が高いのです。

このため、男性用のリアップx5のミノキシジル濃度が5%なのに対し、女性用のリアップジェンヌは1%に抑えられています。当然、それだけ効果も緩やかです。

このように、FAGAには使用できない薬が存在しています。フィンジアについても使って問題ないかどうか心配になるのも、こうした事情が背景にあるためです。

フィンジアは女性が使っても大丈夫!

では、フィンジアはFAGAに使用しても大丈夫なのでしょうか。結論から書くと、問題なく使用できます。公式サイトにも、女性の使用者がいると明記されています。

これは、フィンジアの配合されている成分がDHTの生成を抑えるものではないことと、主成分であるキャピキシルとピディオキシジルに女性の使用実績があることが理由です。

イソフラボンでDHTを抑えるフィンジア

フィンジアの主成分のひとつであるキャピキシルは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3からなっています。

このうち、DHTの働きを抑えてくれるのがアカツメクサ花エキスです。実はアカツメクサ花エキスには、大豆などに含まれていることで知られるイソフラボンです。

そして、イソフラボンの働きはDHTを減らすことではなく、働きを抑えることなのです。

MEMO

FAGAの発症には、女性ホルモンも関係しています。

 

加齢によって髪の毛の成長を促す女性ホルモンの分泌量が低下すると、DHTの働きを抑えられなくなってFAGAになるのです。

それならば、何らかの形で女性ホルモンを補完すれば、FAGAの進行を抑えられることになります。

フィンジアは女性にも使える

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っているので、女性ホルモンを補完できるとされています。

 

つまり、キャピキシルを頭皮に塗布することは、女性ホルモンを補完していることになります。

 

これならばDHTそのものを減らすわけではないので、女性が使用しても大丈夫ということになります。

付け加えると、フィンジアに配合されているヒオウギエキスも、イソフラボンが大量に含まれています。2つの成分で女性ホルモンを補完しようとしているというわけですね。

キャピキシルとピディオキシジルの実績

実はキャピキシルとピディオキシジルは、既に女性の使用実績がある成分なのです。それは育毛剤ではなく、まつ毛美容液です。

まずキャピキシルですが、AGA治療を行っている湘南美容外科と共同開発したという触れ込みの「湘南美容ロングラッシュ」をはじめ、多数の商品に配合されています。

ピディオキシジルについては育毛剤ブランド「スカルプD」で知られるアンファーのまつげ美容液に配合されています。

いずれも何らかの問題があれば、商品化はされないでしょう。

こうした使用実績を見る限り、キャピキシルもピディオキシジルも女性への使用は問題ないと判断できます。

フィンジアは女性にとって最善か?

フィンジアが女性にとっては有効な選択肢で、購入しても無駄金にならないことは分かりました。ただ、フィンジアが「最善」なのかというと、判断が難しいところです。

同じ男女兼用育毛剤のイクオスと比較すると、フィンジアにはウイークポイントがあり、最善の選択肢とは言い難いからです。

フィンジアは少量でコスパに難あり

まず、フィンジアで問題となるのはその価格です。

税込み定価12,800円、定期購入コースの割引価格でも9,980円というのは、キャピキシル配合商品としては安いですが、育毛剤としては高めです。

しかも、フィンジア1本の容量は、たったの50mlです。男性がピンポイントに使うには十分であっても、女性には少なすぎるとしか言えません。

これに対してイクオスは税込み9,698円、定期コースで6,458円と、フィンジアよりリーズナブルです。しかも、容量は120mlとイクオスの2.4倍なのです。

フィンジア イクオス
単品購入 12,800円 9,698円
定期便購入 9,980円 6,458円

イクオスにはキャピキシルやピディオキシジルが配合されていないなどの違いはありますが、少なくともコストパフォーマンスについては一目瞭然のレベルで差があることが分かります。

配合成分の種類もイクオスが多い

薄毛はAGAだけではなく、多種多様な原因によって起きるものです。このため、配合成分の種類が多い方が多くの原因に対応できるというメリットがあります。

フィンジアの配合成分は全部で25種類です。

これに対してイクオスは61種類で、種類だけなら2倍超になります。これなら、さまざまな薄毛の原因への対応が期待できます。

イクオスはサプリとのセットが最強

イクオスの定期コースには育毛剤とサプリとのセットが用意されており、価格は7,538円と比較的リーズナブルです。

内容もノコギリヤシを300mg配合など、申し分ありません。

これに対して、フィンジアの育毛剤とサプリのセットは15,800円で、イクオスの2倍です。

しかも、フィンジアのサプリはノコギリヤシの配合量が公表されていないなどの問題点があります。

MEMO

ノコギリヤシは、DHTの生成を抑える働きがあることが、米生物工学情報センターデータベース収録の論文に記載されています。

 

AGAと同じDHTが原因のFAGAへの効果も期待できます。

 

ただ、ノコギリヤシはDHT生成を抑える成分で、妊婦や授乳中の女性への安全性は認められておりません。その点については、留意しておきましょう。

結論-フィンジアはFAGAに最善ではない

フィンジアはプロペシアやリアップx5とは違い、FAGA対策にも使用できる商品です。女性用のまつげ美容液に配合されていることから、安全性も高いでしょう。

ただ、コスパなどを考えると、最善の選択肢と言えるかどうかは疑問です。

コスパに優れるイクオスなど、他の商品と比較した上で、購入するかどうかを決めるべきでしょうね。

\正規品は公式サイトでしか売っていません!/

フィンジアの公式販売サイトはコチラ ⇒

※楽天などで買うと30日間の返金保証対象外です